介護福祉士の筆記試験と実技試験

国家資格である介護福祉士。その名前からも想像できるように介護に関わる仕事をする人です。それでは、この介護福祉士が国家資格だというのはご存知ですか?年に1度この介護福祉士の国家試験があるのです。試験は筆記試験と実技試験にわかれています。

介護福祉士の国家試験の内容を知っていますか?筆記試験はマークシート方式で合計120問を実施します。実技試験は「待機室で掲示板に掲示される課題を10分間黙読しながら待機。試験官に呼ばれ試験室に入り、受験番号・氏名を告げ係官に挨拶。そして課題を遂行し、介護者にお礼と挨拶をし最後に試験官に挨拶をして退室。」といった流れになっています。

介護福祉士の国家資格をとるための最後の難関として実技試験があります。実技試験も筆記試験同様に各スクールでの講座が開かれています。実技試験に自信がない人はスクールの講座でノウハウを学び、自信をつけるといいでしょう。また体を動かして何度も実技の練習をし動きになれておくといいでしょう。

介護の需要が増えると同時に介護福祉士の需要も増えています。介護福祉士は大きな可能性を秘めた職業です。その期待の介護福祉士になるためにはまず、国家試験の筆記そして実技試験をクリアし、資格を得ることが大切です。夢に向かって困難をクリアしてください。

介護福祉士について

介護福祉士と聞いて浮かぶのはなんですか?まず浮かんでくるのはやはり高齢者や障害者の介護ではないでしょうか。日本の高齢者人口の増加に伴い高齢化に福祉事業はとても重要な役割を占めるようになりました。いま社会福祉士を含むさまざまな介護の仕事が注目を集めています。

介護福祉士の仕事は常に人間を相手にするものです。そのため介護福祉士には介護の技術はもちろんですが、人間性がとても大切になってきます。多くの介護福祉士の学校では介護のスペシャリストを目指し、その人間性についてしっかりと学べるようなカリキュラムになっています。

介護福祉士は身体的、あるいは精神的に障害がある方の日常生活の行動、例えば、入浴や食事、排泄などの介護や、家族などの介護者に指導やアドバイスを行います。社会福祉士がソーシャルワーカーとも呼ばれるように、介護福祉士もケアワーカーとも呼ばれています。

介護福祉士の資格をとるには、大きく分けて二つの方法があります。一つは国家試験を受験して取得する方法で、受験資格は介護の実務経験3年以上、またはそれに準ずる者に与えられます。もう一つは専門の養成施設で学ぶ方法があります。この場合は介護福祉士養成施設(2年)を卒業した場合に卒業時に国家資格を取得することができます。

介護福祉士の仕事はここで終わりというところがありません。常にお年寄りや障害者をヘルプする心を持ちつづけなければいけない大変仕事です。精神的にもそして体力的にも強くなくてはいけないこの仕事は、きっと実際に携わった人しかわからない大変さがあるでしょう。それと同時にそこにはきっと大きな喜びがあるのでしょう。

介護福祉士は派手な仕事ではありませんが、人と人とをつなげるとても重要な仕事です。そしてこれから介護福祉士を含めさまざまな介護の分野を広げる必要があります。介護福祉士に興味をもたれた方はぜひ介護福祉士について勉強してみてはいかがでしょうか?資格をとらなくてもきっと将来役に立つ時がくるでしょう。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。